オンラインカジノの税金はどこから発生する?計算してみよう

オンラインカジノの税金

一夜で一攫千金のチャンスも夢ではないとされる、オンラインカジノ。
宝くじなどと同じように、ゲームに勝てばきちんと報酬が支払われるカジノで得た収益は、きちんと収入として扱われます。

そのため、オンラインカジノでの収入も課税の対象になっており、一定以上の金額を稼いでしまった場合には、「確定申告」が必要になります。

この記事では、オンラインカジノの収益が課税の対象になる理由と、確定申告が必要かどうかの判断をする、収支の計算方法を簡単にまとめています。
最初からすべての計算を自分で行うのは難しいので、まずはどんな計算が必要かどうかだけでも知っておきましょう。

オンラインカジノの税金と確定申告の計算について

オンラインカジノで得た報酬金は、「所得」として扱われるので、所得税がかかります。
所得税の中の、「一時所得」という区分に分類されます。身近な例では「宝くじの報酬金」と同じ位置づけになり、こちらは課税対象になります。

ですが、カジノで得た収入のすべてが課税になるわけではなく、年間50万円以上の収益がなければ、特別控除額の「50万円」以内になるので、確定申告は必要ありません。

では、「自分がカジノで、50万円以上稼いでいるのか、どのように計算するのか簡単に紹介していきます。

オンラインカジノの収支の簡単な計算方法

オンラインカジノの税金

オンラインカジノの収支を計算するときに注意してほしいのは、
カジノゲームで報酬金が発生したときの収支だけが、計上できるということです。

先に、収支の計算方法を紹介します。

『収入金額ー支出金額ー特別控除額(最高50万円)=一時所得(実際に課税される額)』

「収入金額」から、支出金額と特別控除の金額を引いたものが、「一時所得」として扱われ、課税の対象になる金額となります。

このときに注意してほしいのが「支出金額」。
この支出金額とは、カジノゲームに使った金額のことですが、カジノゲームで報酬金が発生したときにかけていた金額しか、計算に含めることができない仕組みになっています。

◯例:3回ゲーム、10ドルずつベットして、2回だけ勝った場合

1回目:10ドルベットして負け(-10ドル)
2回目:10ドルベットして、20ドル勝ち(+10ドル)
3回目:10ドルベットして、15ドル勝ち(+5ドル)

こののようなときは勝ったゲームの、2回目と3回目の金額した計算には計上できないと言うことになります。この計算上の上では、たった15ドルしか利益はありませんので、課税対象になる一時所得はなく、結果的に損をしているという計算になります。

支出:20ドル 収入(利益):15ドル

一時所得の金額が分かったら更に税率の計算をしよう

先程の計算式で算出した金額が、一時所得の金額ではありますが、
さらにその金額から課税の対象となる所得金額を計算することも必要です。

他に会社勤めなどの収入や何らかの収入がある場合、その収入金額をそれぞれの算出方法で出したあとに合算し、「総所得金額」を算出します。
その「総所得金額」の合計から、実際にかかる税率を求めることができます。

この当たりは、自分で行うこともできますが、給与所得以外にも複数の収入がある場合などは、お近くの税務署に相談してみたほうが確実です。

計算が誤っていると、後で追加納税が必要だったり余計な手間がかかる場合があるので、最初は難しいかもしれませんので専門家の力を借りてみましょう。

今回は簡単に、オンラインカジノの報酬金にも税金がかかるということ、
その計算方法を紹介しました。ですが、儲けてしまった場合には、この計算が必ず必要になるので、ぜひ覚えておきましょう。

オンラインカジノに関する税金のことを学びたい方は他の記事もチェック!
オンラインカジノの税金などの情報をチェックしておこう!