オンラインカジノと税金の仕組みを徹底解説

オンラインカジノと税金の仕組みを徹底解説

スロット、ブラックジャック、バカラ……。

様々なゲームが楽しめるオンラインカジノですが、強運を引き当てると、数十万円、数百万円級の賞金を手にすることも十分ありえます。

それはおめでたいことなのですが、そうなった場合浮上してくるのが「税金をどうするか問題」でしょう。

「オンラインカジノって税金がかかるの?」と驚いた人もいるかもしれませんが、実はかかることもあるんです。

「具体的にオンラインカジノの税金はどういう分類に入るのか?」「どれくらい支払う必要があるのか?」など、オンラインカジノの税金に関わる疑問について、解説していきます!

オンラインカジノに税金がかかるのはなぜ?

オンラインカジノと税金の仕組みを徹底解説

オンラインカジノに税金がかかると知って「じゃあ競馬やパチンコはどうなるの?」という疑問を抱いた人も多いと思います。

ギャンブルを楽しむ人ならご存知だと思いますが、同じギャンブルの競馬やパチンコなどは、勝利金に税金はかかりませんよね。

確かに競馬やパチンコでは税金を払いません。
ですが、厳密に言うと「本来なら税金を支払う必要がある」んです。

オンラインカジノは、ネット上で運営されているので、自然と入金や出金は銀行や決済サービスを通したものとなります。
そうなると、オンラインカジノで勝利金が入ってきた流れなどが、分かりやすく税務署側に把握されてしまうんです。

これに対し、パチンコや競馬で得た賞金は現金での支払いになるので、さすがに税務署側もそこまで把握できず、見逃されているという現状というわけです。

オンラインカジノで支払う税金はどうやって計算するの?

 

さて、そんなオンラインカジノの税金ですが、オンラインカジノでプレイした人全員がかかる、というわけではありません。

オンラインカジノで得た収入は税金の種類でいうと「一時所得」に分類されるのですが、その計算式にあてはめてみましょう。

一時所得の計算式は以下の通りです。

一時所得=総収入額-総支出額-特別控除額(最高50万円)

総収入額と総支出総額の内訳は、

総収入額=オンラインカジノで儲けたお金
総支出総額=オンラインカジノで勝った際に賭けたお金(負けた際の賭け金は含まれない)

このようになっています。

さらに、それを所得税の計算に当てはめる際は

一時所得×1/2

となります。

実際の数字に当てはめて考えてみましょう。
たとえば、20万円を賭け、80万円を勝ち金で得た人の場合です。

一時所得=80万円-20万円-50万円

一時所得が10万円になるので、そこに1/2をし、支払う所得税は5万円ということになります。

つまり、勝ち金が70万円以下の場合は、所得税も支払う必要がない、というわけなんですね。

税金がかかる場合確定申告で必要なものは?

オンラインカジノと税金の仕組みを徹底解説

所得税がかかるほどに儲けが出た方は「確定申告」が必要になります。

その場合、用意しなければいけない書類は

●マイナンバーか、身分が分かる書類
●源泉徴収票(会社勤めをしている場合、もしくは年金などを受け取っている場合)
●領収書(所得が300万円以上の場合)
●支払調書

このようになっています。

支払調書に関しては、自分で明細をプリントしたり、自分で管理している帳簿などを持っていくことができますが、オンラインカジノに申請した方が確実でしょう。

会社勤めをしている場合の方にひとつ気をつけてほしいのが、確定申告書を記入する際「給与所得者がその他の所得にかかる住民税の徴収方法」という項目にある「普通徴収」にチェックをつけるという点です。

そうしないと、勤めている会社にオンラインカジノをプレイしていることがバレてしまう場合があるんです。

それを避けたい人は、気をつけましょう!

いかがだったでしょうか?

確定申告のやり方って、少し難しいですよね。
具体的な計算方法や、申請期間など、詳しく知りたい方はこちらのまとめページを見ることをオススメします。
⇒【オンラインカジノの確定申告!計算など方法を伝授!