オンラインカジノの税金はどうなる?払う義務があるか

オンラインカジノで稼いだお金に、どうして税金がかかるのかご存知でしょうか?

オンラインカジノは、インターネット上で楽しめるギャンブルであり、競馬などのように報酬金は実は課税対象となっています。
オンラインカジノで儲けたすべての金額に税金がかかるわけではありませんが、一定額以上の金額を収入として得た場合は、確定申告の必要があり、納税する必要があるのです。

オンラインカジノで、納税が必要になる条件は

オンラインカジノで、一定の金額を設けない以上は課税の対象にはなりません。
しかし、長期的にオンラインカジノをプレイする予定があり、儲けようという意志がある方は、この税金についても知っておく必要があります。

納税が必要な場合に、その処理を怠ると脱税等の疑いをかけられることもあるので、ある程度の税金に関しての理解は必要です。

本収入がある場合は、20万以上設けたら確定申告

会社員など、普段は何かしらの勤めをしていて、主な収入源がある場合は、
20万円以上稼ぐと、確定申告が必要です。
これは、オンラインカジノに限らずにメインの収入を得ながら副業をしている場合にも同じことがいえます。

複数のところから給与をもらっている場合は、トータルで200万以上の収入があれば確定申告が必要になります。

確定申告には、オンラインカジノの支払調書を貰おう

確定申告を行う際には、源泉徴収票とオンラインカジノ側から支払調書と言われる書類が必要になります。
これは、オンラインカジノのサポートに直接問い合わせることで、見せても事ができます。
この他には、入出金が確認できるものや、自分で記録した帳簿なども有効です。
難しいと感じる場合は、オンラインカジノを長くプレイしてる方のブログや、オンラインカジノのファンサイト等を覗いてみると、詳しいことが書いてあるので是非参考にして見るのもいいかもしれません。

オンラインカジノの報酬金は一時所得になる

casino

オンラインカジノの報酬金にどうして税金がかかるのかというと、「一時所得」という収入の分類に分けられるからです。
一時所得には「宝くじ」「競馬の配当金」なども該当するため、これらのお金は全て課税の対象になり、何らかの形で税金としてはいくらか引かれています。

そもそもオンラインカジノの収入が、一時所得として扱われる理由は、銀行などの中央機関を通して個人の口座に報酬金が振り込まれるため、お金の流れが税務署が管理しやすいため、請求が行いやすいということが原因に挙げられます。

税金がかけられるといっても、売上の半分以上を持っていかれるような大きな金額ではありません。申告を怠って危ない目に合うよりは、しっかり稼いだら申告して納税をする。これだけやっておけば、オンラインカジノで稼ぐ事自体はグレーとは言え、いきなり罪に問われたりするようなことはないでしょう。
もちろん、違法賭博等の違法とされてしまっているギャンブルには手を出さないようにしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です